外壁は紫外線や風雨により、想像以上に日々厳しい環境にさらされています。傷やひび割れ、剥がれなどを放置すると建物が傷みやすくなり、
雨漏りや腐食等によって耐久年数が落ちてしまうことになります。大切なお住まいを長持ちさせるためには早めのメンテナンスが必要です。

同じ建物でも紫外線のよくあたる南側、直射日光に当たりづらい北側、風の通りやすい場所、湿気が多い場所など、 環境状況によって塗装の劣化の進行度は異なります。外壁塗装には、住まいの美観を保つ役目もありますが、本来は紫外線・風雨・酸性雨などから外壁材を守ることが目的です。外壁塗装の劣化を放置すると外壁材が傷んでしまい、雨漏りなどが発生してしまうこともあります。その結果、多額の改修費用がかかってしまいます。そうなる前に定期的な点検とメンテナンスを行なうことをおすすめしています。

屋根は、外壁と比べると紫外線や風雨、酸性雨などの影響を直接受けるため、劣化が早い場所です。しかし、簡単に見ることができないため、塗膜の劣化などがすぐに察知できず状態がひどくなってから塗装を頼むことが多く、雨漏りが発生してはじめて異常に気付くといったケースが多いです。長年放置していると、塗装が剥がれたり劣化などによりコケや藻、カビ等が発生し、水を吸って屋根や下地の腐食などが起こり、住まいの構造体の劣化や雨漏りの要因となり、建物を傷めます。田室塗装では、定期的な点検から屋上防水工事、屋根塗装工事まで柔軟に対応しておりますので、何でもお気軽にご相談ください。

一般的な防水塗装の寿命は5年〜10年と言われておりますが、施工方法、材料の種類、環境により異なります。家を守ることとして「水を防ぐこと」は何より大切です。雨漏り・剥がれなどがなくても定期的にしっかりとした防水をすることによって大切な建物を守ります。防水塗装が機能しなくなると雨水が建物内部に浸食し、そのままで放置しているとクラックや劣化が生じます。モルタルの表面がボロボロになる、汚れが目立つ、苔が生えているなどの現象があれば防水工事を考えてみてはいかがでしょうか。防水工事をする事により、防水性能を確保し、美観を保つ事ができます。

住宅塗替え年間 80棟以上の実績
 トップページ  会社案内  よくある質問  施工をお考えの方へ  施工事例  お問合わせ